ペットが亡くなったら、最初にするべきことを解説

これまで家族同然に大切にしていた愛犬や愛猫などのペットが亡くなった時は、ショックも大きく、慌ててしまったり、不安な気持ちになりますよね。
また同時に、ペットが亡くなった後、

・具体的に何をどうすればいいの?
・遺体はどのように安置すればいいの?

など、疑問に思う方は多くいらっしゃいます。

本記事では、大切なペットが亡くなったあとにするべき手順と、遺体をきれいなまま保存する方法も併せて解説いたします。
ぜひ最後までご覧いただき、大切なペットの最期をきれいなまま送り出してあげてください。

1: ペットが亡くなって最初にするべきこと


ペットが亡くなって最初にするべきことは、死後硬直が始まる前に、手足を丸めるように内側に折った姿勢にしてあげてください

これは、遺体を安置する箱(棺桶)に納めやすくするためです。

身体の大きさや季節によって差がありますが、一般的に約2時間ほどで死後硬直が始まるといわれています。

手足が伸びきった姿勢のまま硬直してしまうと、その後に手足を曲げることは難しいため、なるべく早く手足を内側に丸めた姿勢にしてあげてください。

また、目が空いた状態であれば、そっと閉じてあげてください。

2: 遺体を保冷しながら安置する

犬や猫などの動物は、人間と同じく死んだ直後から腐敗が始まります。

大事な愛犬、愛猫をきれいな状態で送り出してあげるためには、葬儀・火葬までになるべく早く遺体を冷凍保存する必要があります

2-1: 遺体安置で準備するもの

それでは、遺体安置に必要なものをみていきましょう。

遺体安置に必要なもの

・箱またはペット用の棺
・ドライアイス
・遺体を包む用のタオル
・敷き用の布団またはタオル

これに加えて、排泄物や体液で汚れないよう、鼻と肛門をふさぐ脱脂綿があるとよいでしょう。

また、安置用の箱は、ペットの体格に対して大きすぎず小さすぎないものを選んでください。
大きすぎる場合は、保冷効果が薄れてしまいますし、小さすぎると窮屈な状態でペットを安置することになるからです。

 

適当なサイズの箱がない方や、ダンボール箱などではちょっと。。という方は、

ペット用棺をご検討ください。

2-2: 保冷は必ずドライアイスを使用する

遺体をきれいなまま保つには、保冷剤ではなく、必ずドライアイスで保冷安置してください

市販の保冷剤では、冷却力が弱く保冷時間も6時間と短いため、どんどん腐敗が進んでしまうためです。

ドライアイスは約-79℃と冷却力に優れ、保冷時間も保冷剤に比べて約4倍の24時間持続するため、かならずドライアイスで保冷安置しましょう。

2-3: 遺体をきれいなまま保冷安置する方法

遺体の腐敗を遅らせるもっとも効果的な保冷方法は、遺体のお腹と背中にドライアイスを配置することです

さらに、遺体とドライアイスをバズタオルなどで包んであげると、より保冷効果があがり、保冷時間も長くなります。

2-4: ドライアイスの入手方法

ドライアイスは氷屋で販売されております。

「氷屋 地域名」で検索をかけるとお近くの氷屋がみつかるでしょう。

もし、お近くに氷屋がなかった場合は、ネット通販がおすすめです。

ネット通販なら、氷屋を探す手間や、買いに行く手間が省けとてもコスパがよいです。
また、即日発送や日時指定の配送も対応しているため、お手軽便利であることは間違いありません。

もし、お近くでドライアイスが手に入らない場合は、ネット通販で入手してください

また、補足ですが、ドライアイスは取り扱いが危険なため、ホームセンターやコンビニでは取り扱っていません。
一部のスーパーやアイスクリーム店などでドライアイスを入手することはできますが、そのお店の商品を購入して、付属されてくるだけですのでごく少量しか入手できません。

ドライアイス入手方法について、詳しく知りたい方は別記事のドライアイスはどこで買えるのか?入手方法を解説をご覧ください。

3: 葬儀・火葬業者を選ぶ

ペット葬儀社に火葬を依頼するとき、火葬方法を選ぶ必要があります。

火葬方法は大きく分けて「個別火葬」と「合同火葬」があり、その中の「個別火葬」には3種類の火葬方法がありま

それぞれの特徴をみていきます。

個別火葬と合同火葬の特徴

個別火葬 合同火葬
火葬の仕方 個別で火葬 他のペットと一緒に火葬
返骨 あり なし
費用相場 15,000円~ 16,000円~

個別火葬3種類の特徴

一任個別火葬 立ち合い個別火葬 訪問個別火葬
立ち合い できない できる できる
返骨 業者に要確認 あり あり
費用相場 17,000円~ 20,000円~ 16,000円~

ご家族の考え方や費用を参考に一番納得のできる火葬方法で送ってあげてください。

4: 犬が死んだときは「死亡届」の手続きが必要

ペットの中でも、犬が死んでしまった時は、30日以内に「死亡届」を提出することが義務付けられています

愛犬を亡くし、悲しい時期にあれこれと行動するのは辛いことですが、死亡届は、犬を飼う「届け出」と同じく、居住地の自治体や役所(区役所・市役所など)に提出してください。

5: まとめ

いかがでしょうか?
大切なペットとの最期の時間を有意義にお過ごしいただくためには、ドライアイスでの適切な保冷がかかせません。

できるだけ生前の姿のままきれいな状態で送り出してあげてください。

本記事が参考となりましたら幸いです。